千代田区の出張写真撮影

千代田区の出張写真撮影カメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 千代田区

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは千代田区でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

ロケーションフォト

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

ロケーションフォト 依頼

 

≪地域情報≫

出張 写真 千代田区

●概要
千代田区(ちよだく)は、東京都の特別区のひとつ。 1947年(昭和22年)3月15日に麹町区と神田区が合併して誕生した。その際、江戸城の別名である「千代田城」にちなんで「千代田区」となった。

 

東京の都心を構成する区のひとつで、東京23区のほぼ中央に位置する。区の中央に皇居があり、区全体の約15%を皇居の緑地が占める。区域は、「江戸城」の外濠の内側部分とほぼ一致しており、外郭を含めた城址に当たる場所である。

 

西部は武蔵野台地の東端に当たる麹町台や駿河台といった台地で、東部は沖積平野である。北部に神田川が東に向かって流れ、日本橋川が三崎橋付近から別れて流れている。

 

千代田区は、徳川幕府の本拠地として政治の中心となり、明治維新後も新政府が大名屋敷跡に官庁街を開設して首都機能を置いて「東京」の中心地としており、日本の政治の中心が引き続きおかれることになった。

 

●主な祭事・行事
皇居一般参賀(正月、天皇誕生日)- 通常開放されていない正門が開放される。
神田祭
将門塚例祭
神田古本まつり
日比谷公園ガーデニングショー 10月に都立日比谷公園で開催される。

 

▼麹町地域(旧麹町区)
麹町地域は、江戸開府以来から東京山手の町として賑わいを見せている。皇居を中心に、高級住宅地としての色とオフィス街及び官公庁街としての色が濃い地域である。

 

・麹町の正式表記
「麹」の旧字体が本来の表記であるものの[1]、電子データ上では環境依存文字にあたる。そのため電子データ上では「麹」の略字を使用しつつも、プレート・紙媒体等の印刷物・画像データ等の印字には正式な表記を使用しているケースが多く見受けられる。

 

・町名
千代田、皇居外苑、北の丸公園、大手町、丸の内、有楽町、内幸町、日比谷公園、霞が関、永田町、飯田橋、富士見、九段北、九段南、麹町、一番町、二番町、三番町、四番町、五番町、六番町、隼町、平河町、紀尾井町、一ツ橋(一丁目)

 

▼神田地域(旧神田区)
神田地域は、中央区日本橋や京橋と共に東京下町の一部として、江戸開府以来の中心的商業地として賑わいを見せている。

 

・神田冠称
現在の千代田区の町名で旧神田区の区域にある街は「神田○○町、○神田」と称している(住居表示実施地区を除く)。これは戦後、旧麹町区と旧神田区が合併する際に「神田」の町名が消えることを避けるために、旧神田の町名に神田を冠したことによる。名称の経緯が似ている例として日本橋地域が挙げられる。

 

・町名
一ツ橋(二丁目)、内神田、西神田、岩本町、神田岩本町、鍛冶町、神田鍛冶町、猿楽町、三崎町、神田淡路町、神田小川町、神田北乗物町、神田紺屋町、神田神保町、神田須田町、神田駿河台、神田多町、神田司町、神田富山町、神田錦町、神田西福田町、神田東紺屋町、神田東松下町、神田美倉町、神田美土代町、東神田、外神田、神田相生町、神田和泉町、神田佐久間河岸、神田佐久間町、神田練塀町、神田花岡町、神田平河町、神田松永町